1. HOME
  2. 中古カメラを高く売るコツ

カメラに関する買取情報をお届け。使わないカメラがあるのならすぐに買取を依頼しましょう。

中古カメラを高く売るコツ

時間が経つほど買取価格が下落していく

家電製品のサイクルは早く、ついこの間新モデルを購入したと思ったら
数ヶ月後にはまた新しいモデルが出ていたり…なんてことも珍しくありません。
最近ではスマホなどのデジタル家電の進化が目立っていますが、
それと同じくらいカメラも進化しています。
カメラが趣味で1台持っているという人も少なくないと思いますが、
もう使わなくなったカメラは早めに売却するようにしましょう。
時間が経つほど買取価格が下落してしまい、損をしてしまう可能性も。
今回はカメラに関する買取情報をお届けしていきます。
まず、カメラを少しでも高く売るコツについて。
・査定する時にはキレイな状態で
基本的なことですが、例え中古品でもキレイな状態で査定をお願いしましょう。
ボディ部分をエタノールで拭いて汚れや手垢などを取り、
レンズや液晶部分は専用の布でキレイにしておきましょう。

Nikonカメラ

・付属品は忘れずに
購入時に付いていた取扱い説明書や付属パーツ、外箱などがなければ
査定額が大きく減額される事もあります。
また付属パーツがあっても傷や汚れが酷ければ
同様に査定額が低くなってしまいます。
・修復歴やオーバーホールはプラス査定に
修復歴やオーバーホールしているカメラは、
内部がキレイに清掃されていて不具合が少ないということで
プラス査定になることがあります。
査定時にはオーバーホールを証明する書類なども
一緒に持っていく様にしましょう。
・カメラのジャンルによっても価値が変わる
カメラにはいくつかのジャンルが存在しますが、
中でも一番買取金額が高くなりやすいのがデジタル一眼レフカメラです。
プロからアマチュアまで本格的に使用しているジャンルなので
中古市場でも一番人気があります。
次に買取金額が高くなるのがミラーレス一眼カメラ。
本格的な使用もできますが、次々に新モデルが発表されるので
買取額が低くなる傾向にあります。
最後はコンパクトデジタルカメラ。
女性を中心に人気を集める家庭用デジタルカメラです。
流行が過ぎるのが早く、販売価格も安価なので
買取価格は低くなってしまいます。
今回はカメラに関する買取情報をお届けしましたが、
如何でしたか?
使わないカメラが家に眠っているのならば
そのままにしておくのは実に勿体ないですよ。
時間とともに買取価格も下落していくので
すぐにでも買取を依頼してみましょう。